2016年04月12日

【研修講座】日本緘黙研究会(2016年6月26日)

日本緘黙研究会の研修講座のお知らせです。詳細につきましては、日本緘黙研究会のサイトをご覧ください。
園山繁樹先生(筑波大学)、奥田健次先生(行動コーチングアカデミー)が登壇されます。
http://mutism.jp/info/kenshu2016/
http://mutismworkshop.wix.com/2016

緘黙(かんもく)について、教育や保育の現場で働く方々、発達相談に関わる方々、発達支援に関わることを学ぶ大学生以上、そして子育てに関わるすべての人たちに正しい知識と援助技術について知っていただくため、研修講座を開催することになりました。以下の通り、開催しますので関心のある多くの方々にご周知方、よろしくお願いいたします。たくさんのご参加をお待ちしております。

【ごあいさつ】
藤田継道 氏 (関西国際大学)
【基調講演】『場面緘黙(選択性緘黙)の理解と支援』
園山繁樹 氏 (筑波大学教授)
【事例から学ぶ】
司会・解説:奥田健次 氏(行動コーチングアカデミー)
事例提供:笹田夕美子 氏(浜松市発達医療総合福祉センター)

■日時:2016年6月26日(日)14:00〜16:45(開場13:30)
■場所:お茶の水女子大学 共通講義棟2号館201
    東京都文京区大塚2-1-1
■定員: 270名
■参加費用: 1,000円(当日お支払いください)
 お申込方法につきましては、日本緘黙研究会のサイト(http://mutism.jp/info/kenshu2016/)をご覧ください。


posted by 学苑社 at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月08日

【吃音教育臨床講座】小林宏明先生(2016年5月28日〜29日、東京都港区)

『学齢期吃音の指導・支援 改訂第2版』『吃音・流暢性障害のある子どもの理解と支援』の著者、小林宏明先生の講習会の案内です。お申し込みにつきましては、早坂吃音専門士養成協会(http://kitsuon.tokyo)にお問い合わせください。

2016 年臨床専門士養成講座(Core 講座)
今年度は3 回の開催です。第1回目は、金沢大学教授小林宏明先生による吃音教育臨床講座です。

■開催日
Basic :5 月28 日(土)10時〜17時(16時〜17時は試験)
Advance:5 月29 日(日)10時〜17時(16時〜17時はレポート等)
(終了後、懇親会をおこないます。)
●Basic
吃音のある子&保護者が抱える困難をICF に基づいて整理すると共に、吃音のある子どもの教育の目的をどのように設定すれば良いかについて検討すます。また、「学齢期吃音の指導・支援 ICF に基づいたアセスメントプログラム」に基づきた学齢期吃音の教育の実際について、具体的な事例の紹介を交えて概説します。
●Advance  
早坂吃音専門士協会で吃音臨床の事例について、評価の観点や教育の目的及び方法について参加者同士で議論します。

■場所
クラブハウス会議室青山
東京都港区南青山 2ー2ー8 DFビル 5階

■小林宏明先生(金沢大学人間社会研究域学校教育系 教授)からのメッセージ
昨今、吃音のある人の支援に関する研究では、多面的・包括的アプローチが注目されています。これは、従来のアプローチが吃音の言語症状の軽減に主に焦点を当ててきたのに対し、吃音への認知・行動・情緒、吃音のある人を取り巻く環境など、吃音のある人を困らせている様々な要因を多面的・包括的に実態把握や支援を行うものです。多面的・包括的アプローチの目的は、吃音の言語症状の軽減だけではありません。例えば、吃音に対する不安や緊張が軽減する、吃音のために避けていたことに取り組むなどの吃音への認知・行動・情緒に関する困難の軽減や、先生やクラスメイトの吃音への理解や配慮が進む、吃音へのからかいがないなどの吃音のある人を取り巻く環境の整備も大切な目標の一つとなります。
吃音教育臨床講座では、吃音のある学齢児を対象とした多面的・包括的アプローチについて、私の国際生活機能分類(ICF)に基づいた教育実践を紹介したり、参加させる皆様と議論したりできればと考えています。何とぞ、よろしくお願いいたします。
小林宏明先生のホームページ「吃音ポータルサイト」
http://www.kitsuon-portal.jp/

■今後の予定
第2回目 吃音心理臨床講座  講師:早坂菊子 Basic 8 月 6 日(土)/ Advance 7 日(日)
第3回目 吃音医学臨床講座  講師:菊池良和 Basic 11 月26 日(土)/ Advance 27 日(日)

■受講料
1講座:15,000円
3講座:45,000円(会員は40,000円)

■定員
各講座50 名
*定員に達し次第締め切らさせていただきます

*詳細につきましては、早坂吃音専門士養成協会(http://kitsuon.tokyo)までお問い合わせください。

*******************
学齢期吃音_帯ありweb.jpg学齢期吃音の指導・支援 改訂第2版
ICFに基づいたアセスメントプログラム


小林宏明著
B5判/3600円+税



kitsuon_ryutyosei_web.jpgシリーズ きこえとことばの発達と支援
特別支援教育における
吃音・流暢性障害のある子どもの理解と支援


小林宏明・川合紀宗編著
B5判/3500円+税



ラベル:吃音
posted by 学苑社 at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月05日

【ダウンロード可能】吃音の指導・支援で使える教材資料(小林宏明先生バージョン)

吃音の指導・支援で用いる24の教材資料が、学苑社のサイトからダウンロードできます。『学齢期吃音の指導・支援改訂第2版ーICFに基づいたアセスメントプログラム』(小林宏明著)には、具体的な使い方が掲載されています。

・学齢期吃音の指導・支援 第2版 資料(アセスメント、指導・支援で用いる教材)
http://www.gakuensha.co.jp/pg484.html
19_1.jpg
19_2.jpg

小林宏明先生のホームページ「吃音ポータルサイト」からもダウンロードできます。「吃音ポータルサイト」にはさまざま情報・資料がありますので、ぜひご覧ください。
http://www.kitsuon-portal.jp/

*******************
学齢期吃音_帯ありweb.jpg学齢期吃音の指導・支援 改訂第2版
ICFに基づいたアセスメントプログラム


小林宏明著
B5判/3600円+税



posted by 学苑社 at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月04日

【ダウンロードできます】吃音を理解してもらうための各資料(菊池良和先生バージョン)

吃音の理解を促すための資料が、学苑社のサイトからダウンロードできます。新学期に先生や知り合いに渡してご利用いただければ幸いです。

1)『子どもの吃音 ママ応援BOOK』(菊池良和 著 はやしみこ イラスト)で紹介されている資料です。
習い事の先生やママ友などへ吃音を伝えるときにご利用ください。
http://www.gakuensha.co.jp/pg514.html
・子どもの吃音(きつおん)啓発資料
【資料1】クラスメートに理解してもらうための資料
mamabook_a_c.jpg
【資料2】周囲の大人に理解してもらうための資料
mamabook_class_c_h.jpg

2)『吃音のリスクマネジメント:備えあれば憂いなし』(菊池良和 著)で紹介されている資料です。
新学期にあたり、先生へ吃音を伝えるときにご利用ください。
http://www.gakuensha.co.jp/cn27/pg485.html
・幼稚園・保育園の先生へ
・学校の先生へ
・学校の先生へ(中高生用)
tegami_en.jpg


ラベル:吃音 どもる
posted by 学苑社 at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月17日

【新刊】インクルーシブな学級づくり・授業づくり:子どもの多様な学びを促す合理的配慮と教科指導(トビー・J・カルテン著 川合紀宗訳)

新刊のご案内です。

inclusion strategies_web.jpg

インクルーシブな学級づくり・授業づくり
子どもの多様な学びを促す合理的配慮と教科指導

トビー・J・カルテン著
川合紀宗訳
B5判/並製 3800円+税
ISBN:978-4-7614-0778-0

通常の学級に在籍する多様な教育的ニーズのある児童生徒に役立つ具体的な指導・支援方法を紹介。教員個人の努力のみに依存することない持続可能な教育システムの在り方を考える。

●著者・訳者紹介
著者
トビー・J・カルテン(Toby J. Karten)
1976年以来、特別支援教育に従事してきた、経験豊富な教育者であり、優れた文筆家・研究者でもある。それまで、地方、米国内、米国外の教育者に対し、専門性向上研修の実施し、成果を挙げてきた。ドルー大学の講師とグラッツカレッジ、カレッジ・オブ・ニュージャージー、ワシントンカレッジとこれらのカレッジが提携している地域研修センターで非常勤教授と大学院生の指導を担当している。ニューヨーク州やニュージャージー州の学校、そして国内外の多くの教育委員会で、特別支援教育担当教諭、教員研修担当者、成人教育担当者、そしてインクルージョン指導者として幼稚園から高校3年生、それ以上の年齢の生徒や教育者のために活躍している。

訳者
川合紀宗(かわい のりむね)
大阪府に生まれる。広島大学学校教育学部聾学校教員養成課程卒業、同大学院学校教育研究科障害児教育専攻修了[修士(教育学)]、その後渡米。米国コロラド州立コロラド大学ボルダー校(University of Coloradoat Boulder)大学院音声聴覚科学研究科音声言語病理学専攻を修了して言語病理学修士(M.A.)を、米国ネブラスカ州立ネブラスカ大学リンカーン校(University of Nebraska-Lincoln)大学院音声言語病理学・聴能学研究科音声言語病理学専攻を修了して言語病理学博士(Ph.D.)を取得。コロラド州アダムス郡教育局言語療法士、ネブラスカ大学リンカーン校附属言語聴覚臨床センター助手などを経て、現在、広島大学大学院教育学研究科・大学院国際協力研究科教授および大学院教育学研究科附属特別支援教育実践センター長を務める。大学院教育学研究科では、言語障害教育・心理、発達障害教育・心理、特別支援教育制度などについての教育・研究に従事し、大学院国際協力研究科では、世界の特別支援教育やインクルーシブ教育システムなどについての教育・研究に従事している

●目次
第1部 インクルーシブな学級における学びの促進
第1章 インクルーシブな学級の理解
第2章 指導のための組織づくり
第3章 児童生徒のニーズへの対処
第4章 評価・合理的配慮・データの利用

第2部 効果的なカリキュラム実践のための方略
第5章 読み書き・コミュニケーション
第6章 算数・数学
第7章 社会科・理科
第8章 図工(美術)・音楽・体育
第9章 学際的アプローチ
第10章 移行支援計画

第3部 インクルーシブな学級の維持
第11章 専門家間の連携
第12章 インクルージョンの賞賛

詳細につきましては学苑社のサイトまで。
http://www.gakuensha.co.jp/cn61/pg517.html


posted by 学苑社 at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 新刊情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月15日

『LCスケール』『LCSA』『吃音検査法』の記録用紙のダウンロードについて

『LCスケール』『LCSA』『吃音検査法』の各記録用紙ですが、学苑社のサイトのトップページからダウンロードできます。ただし、IDとパスワードが必要になりますので、記録用紙が掲載されています各解説書をご確認ください。

IDとパスワードが掲載されております解説書のページは以下のとおりです。ぜひご活用ください。

『LCスケール』→解説の137ページ
『LCSA』→施行マニュアルの99ページ
『吃音検査法』→解説の67ページ

*******************
LC_4c_w.jpgLCスケール 増補版
言語・コミュニケ─ション発達スケール


大伴 潔・林安紀子・橋本創一・池田一成・菅野 敦 著
B5変形判(解説と絵図版のセット)/本体4800円+税


LCSA_hako_web.jpgLCSA
学齢版 言語・コミュニケーション発達スケール


大伴潔・林安紀子・橋本創一・池田一成・菅野敦 編著
B5変形判(施行マニュアルと課題図版のセット)/本体5000円+税


kitsuonkennsa_4c_web.jpg吃音検査法

小澤恵美・原由紀・鈴木夏枝・森山晴之・大橋由紀江 著
B5変形判/本体18000円+税



posted by 学苑社 at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月11日

【ダウンロードできます】えるしー君ver3.0

LCSAのサマリーシートをパソコンで作成するためのプログラム「えるしー君ver3.0」を公開しております。LCSAは、学齢期のお子さんを対象としました、言語・コミュニケーション発達スケールです。

http://www.gakuensha.co.jp/pg391.html
(学苑社のサイトよりダウンロードができます。ただしパスワードが必要となります)

LCSA結果サマリーシート(解説100ページ参照)に粗点を入力すると、自動的に換算表から評価点を得て、自動的にプロフィールグラフが描かれます。パソコンの環境に応じまして、エクセルの2003または2010をダウンロードできます。
なお、記録用紙ダウンロードと同じIDとパスワードになりますので、LCSAをお持ちの方はぜひご利用ください。

*******************
LCSA_hako_web.jpgLCSA
学齢版 言語・コミュニケーション発達スケール


大伴潔・林安紀子・橋本創一・池田一成・菅野敦 編著
B5変形判(施行マニュアルと課題図版のセット)/本体5000円+税

posted by 学苑社 at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月10日

LCスケール報告書サンプル

0 〜6 歳の乳幼児のことばやコミュニケーションのアセスメントで用います『LCスケール 増補版:言語・コミュニケ−ション発達スケール』(大伴潔・林安紀子・橋本創一・池田一成・菅野敦著)の報告書サンプルがダウンロードできるようになりました。
http://www.gakuensha.co.jp/pg515.html

LCスケールを行なって得られた結果にもとづく「LCスケール領域別まとめシート」、ならびに、結果を総合して作成した評価報告書の例がご覧いただけます。言語発達に遅れのあるA児(3歳3か月)とB児(9歳10か月)の2事例です。テンプレートもダウンロードできますので、ぜひご活用ください。
「記録用紙」は、『LCスケール』の解説書に記されておりますIDが必要になりますが、「報告書サンプル」はフリーでダウンロード可能です。

また、『LCスケール』の著者大伴潔先生が、発達協会さんの「発達教育」で「基礎から学ぶことばの発達と障害」という連載をされていますが、2016年3月号(26〜27ページ)では、「乳幼児期の言語・コミュニケーションの評価」と題し、LCスケールについて解説されています。

*******************
LC_4c_w.jpgLCスケール 増補版
 言語・コミュニケ─ション発達スケール


大伴 潔・林安紀子・橋本創一・池田一成・菅野 敦 著
B5変形判/[解説と絵図版のセット] 4800円+税


posted by 学苑社 at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月03日

【講座】木村順先生「発達障害のある子どもの理解と支援」(2016年4月9日、横浜市)

木村順先生の講座のご案内です。
詳細につきましては、関西看護ケア研究会さんのサイトをご参照ください。
http://www.kangocare.jp/index.php?kimura

発達障害 基礎講座
発達障害のある子どもの理解と支援
今回の基礎講座で想定する発達障害児は軽度で、一見普通の子なのに行動が少し変わっているというレベルの子への対応をメインにしています。より重度の脳性マヒや自閉症など他の疾患との合併をしている子への対応は他の機会に改めて計画いたします。ご了承ください。
■講師:木村順先生(療育ドリームタイム 作業療法士)
■日時:2016年4月9日(土) 10:00〜16:30
■場所:ウィリング横浜
 横浜市港南区上大岡西1-6-1ゆめおおおかオフィスタワー内
■定員:80名
■受講料:12,960円

■内容
 ・育てにくい子にはわけがある
 ・そもそも発達障害とは=特性の理解と対応
  ADHD−落ち着きのない集中力のない子
  学習障害−読み書き計算で問題のある子
  協調障害−不器用な子 運動が苦手な子
 ・事例紹介:感覚の統合が進むと改善されていくこと
       普段自覚せずに使っている感覚を感じる
 ・保護者支援の視点「指導」と「支援」

 【Q&A】発達障害の「なぜ」「どうして」にお答えします

■お申し込みにつきましては、関西看護ケア研究会さんのサイトをご覧ください。
http://www.kangocare.jp/

*******************
hattatsu_kouza_obi_web.jpg実践家(教師・保育者・支援者)へのメッセージ
発達支援実践講座
支援ハウツーの編み出し方


木村順著
四六判/並製 1500円+税



hattatsu_obi_web.jpg発達支援実践塾
開けばわかる発達方程式


木村順・川上康則・加来慎也・植竹安彦編著
発達障害臨床研究会著
A5判/並製 1500円+税


posted by 学苑社 at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月10日

【講演会】長澤泰子先生(2016年2月28日:吃音のある子どもの理解と支援ー寄り添う大人が知りたいこと、聞きたいことに答えてー)

『吃音のある学齢児のためのワークブック:態度と感情への支援』『吃音の基礎と臨床:統合的アプローチ』の監訳者であります長澤泰子先生の講演会情報です。


第17回きつおん親子カフェ 講演会
吃音のある子どもの理解と支援
ー寄り添う大人が知りたいこと、聞きたいことに答えてー

■日時
2016年2月28日(日)13:00〜16:30(開場 12:30)

■場所
広島市東区総合福祉センター 3階大会議室
広島市東区東蟹屋町9-34(東区役所となり)
http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1266468580892/index.html

■講師
長澤 泰子(ながさわ たいこ)先生
NPO法人子どもの発達療育研究所顧問。日本吃音・流暢性障害学会理事長。保健学博士。国立特殊教育総合研究所・言語障害教育研究室長、広島大学教授、慶應義塾大学教授などを経て現職。主な著書・ビデオ『吃音と子どもたち〈全3巻〉』、『吃音の基礎と臨床』(監訳)等。

■プログラム
13:00 開会あいさつ(12:30開場)
 *その後、大人・子どもに分かれます。
 《大人グループ》
  講演 長澤泰子先生(約1時間半)
  休憩後、質疑応答 (約1時間)
《子どもグループ》
 交流会
 レクリエーション(ドッチビーなど)
 おやつタイム
16:00 閉会あいさつ(16:30終了)
 *プログラムは変更になる場合があります。

■定員
講演会 大人:先着100名
(保護者、教育関係者、吃音に関心のある方)
交流会 子ども:先着30名
(吃音のある小学生、中学生、高校生)

■参加費
大人 500円(資料代、飲み物代など)
小・中・高校生 300円(おやつ代など)

■託児
3歳以上、300円、先着15名

■申込み方法
申し込み用紙をご利用ください。

■申し込み期限
2月21日(日)

■吃音(きつおん)ってなあに?
会話や音読の時に、「言葉をくり返す」「はじめの言葉を引きのばす」「はじめの言葉が出にくい」などの言葉の状態のことです。現在も、原因ははっきり分かっておらず、確実な治療法も確立されていません。親の育て方のせいで発症するという考えは、否定されています。吃音のある子どもたちの中には、自分の話し方に自信が持てず、人知れず悩んでいるということが、多く見受けられます。吃音のある人は100人に1人と言われています。

■お問い合わせ
広島市言語・難聴児育成会
事務局 広島市立荒神町小学校内
きつおん親子カフェ 戸田
Tel.090-3745-4598
E-mail yuko★todakeigo.jp(★を@に置き換えてください)

■主催
広島市言語・難聴児育成会 きつおん親子カフェ
■後援
広島市、広島県言語聴覚士会、広島言友会

FAX_moshikomi.jpg
*******************
kitsuon_gakureiji_web.jpg吃音のある学齢児のためのワークブック
態度と感情への支援


リサ・スコット編
クリスティン・A・クメラ/ニーナ・リアドン著
長澤泰子監訳 中村勝則/坂田善政訳
B5判/2500円+税

suttering-1.jpg吃音の基礎と臨床
統合的アプローチ


バリー・ギター著
長澤泰子監訳
B5判/7600円+税


posted by 学苑社 at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする