2018年09月25日

【新刊案内】発達障害のある子と家族が幸せになる方法:コミュニケーションが変わると子どもが育つ(原哲也著)

新刊のご案内です。

shiawase_obi.jpg

発達障害のある子と家族が幸せになる方法
コミュニケーションが変わると子どもが育つ

原哲也著
四六判/1600円+税
ISBN:978-4-7614-0801-5

榊原洋一先生(小児科医、お茶の水女子大学名誉教授)推薦!
著者の温かな心と、豊富な経験に裏打ちされた、発達障害をもつ子どもを幸せにする方法が詰まった本。発達障害をもつ子どもたちだけでなく、子ども・子育てに関わるすべての人に推薦したい。
「幸福学」の第一人者、前野隆司先生(慶応義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授)が解説!

●目次
序章 コミュニケーションって何だろう?
…子どもと協力して共通の幸せな瞬間を創る
第1章 ポイント1 発達障害のある子にはどんな特徴があるの?
…脳の機能的特性がさまざまな特徴をもたらす
第2章 ポイント2 どうしてほしいの?
…尊重されたい・安心したい・信頼したい・有能でありたい・
楽しみたい・人とつながりたいという子どもの思いを充たす
第3章 ポイント3 なんでそういうことするの?
…行動の理由に関心をもち、褒め方と叱り方のコツを覚える
第4章 ポイント4 どうやって遊んであげたらいいの?
…大人はガイド! 子どもと遊ぶコツを覚える
第5章 ポイント5 どうやって助けてあげたらいいの?
…援助することで自尊心を育てる・子どもに親切に、そして信頼を育む
第6章 ポイント6 コミュニケーションのコツ まだあるの?
…アイコンタクト、真似、伝え方のコツ、オノマトペ、選択・交渉・合意
エピローグ 子どもと家族の幸せへの道筋

詳細につきましては、学苑社のサイトまで。
http://www.gakuensha.co.jp/cn61/40801.html
posted by 学苑社 at 16:52| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。