2017年07月27日

【学習会】場面緘黙だったボクが言えること(報告者:大橋伸和氏)

場面緘黙に関する学習会のお知らせです。

全国障害者問題研究会(全障研)北海道支部プレ夏期学習会
2017・8・20
場面緘黙だったボクが言えること

報告者:大橋伸和 (場面緘黙・ひきこもり経験者)
コメンテーター:戸田竜也(北海道教育大学釧路校)
二通 諭(札幌学院大学)

■日時:2017 年 8 月 20 日(日) 13 時受付
    13:15〜15:45
■定員:100 名
■会場:札幌市教育文化会館 研修室 301
(中央区北1条西 13 丁目
 地下鉄東西線「西 11 丁目駅」1出口から徒歩 7 分)

内容
◆なぜ,場面緘黙・不登校・ひきこもりに
◆再生機能としての大学教育
◆職業生活における困り感と配慮
◆雑考―健常と障害の狭間にある困難

大橋伸和氏(33 歳)は、小学校 4 年生から 13 年間にわたり場面緘黙の状態を呈し、その間、不登校・ひきこもりを経験しました。24 歳で少しだけ声が出せるようになり、25 歳で札幌学院大学人文学部人間科学科に入学しました。その後、学内で発達障害や精神的な困難を抱える学生の自助グループ『雑談会』を創設し、保護者が主宰する『ランチ会』で講演したことをきっかけに、広く自身の体験を語る活動に取り組み、現在に至っています。氏の講演は各所で絶賛されていますが、本学習会ではそこからもう一歩踏み込んだ「考察」へと歩を進めたいと考えています。たとえば、生きづらさを解消するための3点セット「知る」「対応する」「心構えをつくる」1を援用するなら、「心構え」=「主体形成」のレベルにおいて高い峰に到達しているのではないかと考えられます。本学習会では、二人のコメンテーターを配することで、希望・勇気に加えて、より具体的な「考察」へと踏み込みます。皆様お誘い合わせのうえご参加ください。
1長沼睦雄『敏感すぎる自分を好きになれる本』2016


■参加費:
800 円(全障研会員および学生 400 円 全障研学生会員無料)
*全障研年会費 3000 円。当日入会で上記割引が受けられます。
■申し込み方法:
氏名および連絡方法(電話番号、メールアドレスなど)、
会員・非会員 の別を明記のうえ、下記へ申し込んでください。
Eメール:nitsu★mvg.biglobe.ne.jp(★を@に置き換えてください)
FAX:0154-64-7061
携帯・ショートメールによる問い合わせ・申し込みは、
090-2697-0496(二通)へ。
大橋伸和氏全障研学習会案内(2017・8・20).jpg
ラベル:札幌 場面緘黙
posted by 学苑社 at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック