2017年07月20日

【新刊案内】誰でも使える教材ボックスー教材共有ネットワークを活かした発達支援

新刊のご案内です。
教材BOX_書影_RGB.jpg
誰でも使える教材ボックス
教材共有ネットワークを活かした発達支援

奈良県立奈良養護学校編
高橋浩・藤川良純・西端律子・太田和志・鴨谷真知子著

B5判/2200円+税
ISBN:978-4-7614-0792-6

●帯
「感覚と運動の高次化理論」をベースにした教材集
発達に基づいた教材を使用することが、子どもの確かな学びにつながります。本書では、教材をデータベース化した連動サイト「教材共有ネットワーク」の活用方法も含め、「作りやすくて使いやすい」教材を紹介します。

●著者紹介
奈良県立奈良養護学校
昭和54年、奈良県で2校目の肢体不自由養護学校として設立され、現在は病院への訪問教育を行う病弱部門と通学の肢体不自由部門がある。スクールバスが3台で在校生が100名程の規模であり、奈良県北部が校区となっている。奈良市南部に位置し、薬師寺や唐招提寺が近くにあり、周囲はのどかな田園地帯となっている。
http://www4.kcn.ne.jp/~narayogo/

高橋浩(たかはしひろし)
 奈良県立奈良養護学校
藤川良純(ふじかわよしずみ)
 奈良県立奈良養護学校
西端律子(にしばたりつこ)
 畿央大学教育学部教授、Microsoft MVP for Windows and Devices for IT(2016-)
太田和志(おおたかずし)
 元東大阪大学短期大学部准教授、東大阪大学情報教育センターセンター長
鴨谷真知子(かもたにまちこ)
 元東大阪大学短期大学部助教、東大阪大学情報教育センター所属
 現在、神戸芸術工科大学非常勤講師、畿央大学現代教育研究所客員研究員、クリエイター(Cross Media +Design)

本書と一緒に、教材共有ネットワークのサイトもご活用ください。

・教材共有ネットワーク
http://www.narayogo.jpn.org/
・教材共有ネットワークFBページ
https://www.facebook.com/tmsn.org/

関西発達臨床研究会(高橋浩先生が事務局長)
「感覚と運動の高次化理論」「教材」に関する研修会情報も満載です。
http://takanami.capoo.jp/kansai/usagawa.htm

詳細につきましては、学苑社のサイトまで。
http://www.gakuensha.co.jp/cn61/pg530.html

posted by 学苑社 at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック