2017年07月27日

【学習会】場面緘黙だったボクが言えること(報告者:大橋伸和氏)

場面緘黙に関する学習会のお知らせです。

全国障害者問題研究会(全障研)北海道支部プレ夏期学習会
2017・8・20
場面緘黙だったボクが言えること

報告者:大橋伸和 (場面緘黙・ひきこもり経験者)
コメンテーター:戸田竜也(北海道教育大学釧路校)
二通 諭(札幌学院大学)

■日時:2017 年 8 月 20 日(日) 13 時受付
    13:15〜15:45
■定員:100 名
■会場:札幌市教育文化会館 研修室 301
(中央区北1条西 13 丁目
 地下鉄東西線「西 11 丁目駅」1出口から徒歩 7 分)

内容
◆なぜ,場面緘黙・不登校・ひきこもりに
◆再生機能としての大学教育
◆職業生活における困り感と配慮
◆雑考―健常と障害の狭間にある困難

大橋伸和氏(33 歳)は、小学校 4 年生から 13 年間にわたり場面緘黙の状態を呈し、その間、不登校・ひきこもりを経験しました。24 歳で少しだけ声が出せるようになり、25 歳で札幌学院大学人文学部人間科学科に入学しました。その後、学内で発達障害や精神的な困難を抱える学生の自助グループ『雑談会』を創設し、保護者が主宰する『ランチ会』で講演したことをきっかけに、広く自身の体験を語る活動に取り組み、現在に至っています。氏の講演は各所で絶賛されていますが、本学習会ではそこからもう一歩踏み込んだ「考察」へと歩を進めたいと考えています。たとえば、生きづらさを解消するための3点セット「知る」「対応する」「心構えをつくる」1を援用するなら、「心構え」=「主体形成」のレベルにおいて高い峰に到達しているのではないかと考えられます。本学習会では、二人のコメンテーターを配することで、希望・勇気に加えて、より具体的な「考察」へと踏み込みます。皆様お誘い合わせのうえご参加ください。
1長沼睦雄『敏感すぎる自分を好きになれる本』2016


■参加費:
800 円(全障研会員および学生 400 円 全障研学生会員無料)
*全障研年会費 3000 円。当日入会で上記割引が受けられます。
■申し込み方法:
氏名および連絡方法(電話番号、メールアドレスなど)、
会員・非会員 の別を明記のうえ、下記へ申し込んでください。
Eメール:nitsu★mvg.biglobe.ne.jp(★を@に置き換えてください)
FAX:0154-64-7061
携帯・ショートメールによる問い合わせ・申し込みは、
090-2697-0496(二通)へ。
大橋伸和氏全障研学習会案内(2017・8・20).jpg
posted by 学苑社 at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

【講演会】高木潤野先生「学校における場面緘黙への対応」

『学校における場面緘黙への対応』の著者・高木潤野先生の講演会情報になります。
お申込み方法などの詳細につきましては、講演会サイトをご覧ください。https://kanmokufukuyama.wixsite.com/kouenkai

場面緘黙講演会
学校における場面緘黙への対応
「場面緘黙」とは、家庭や家族の前では話せるのに、幼稚園・学校など公の場で話せなくなってしまう症状です。 学校における一人ひとりにあった「場面緘黙」状態の子どもへの対応とはどうあるべきか、考えていきましょう。

講師:高木潤野(たかぎじゅんや)氏
   長野大学社会福祉学部准教授
   博士(教育学)
   臨床発達心理士
   信州かんもく相談室 代表
   日本緘黙研究会 事務局長
​日時:2017年10月14日(土)
   14:00〜16:00(受付開始13:30)
会場:福山ものづくり交流館 セミナールームA
   福山市西町1-1-1 エフピコRiM7F
定員:80人【先着】
   対象:教員・教育関係者・支援者 保護者・当事者・経験者など
参加費:無料
主催:場面緘黙講演会福山実行委員会
協力:あゆみの会(場面緘黙親の会ひろしま)
   かんもくネット
   信州かんもく相談室
   つぼみの会(場面緘黙親の会関東)<50音順>

申し込み方:
・第一次申し込み(先行)2017年8月1日〜
  先行対象:教員・教育関係者・支援者など
・第二次申し込み(一般)2017年9月1日〜
  教員・教育関係者・支援者・保護者・当事者・経験者など
申し込みフォームから
https://ssl.formmailer.jp/fms/fca44b38520781
ホームページから申し込み
https://kanmokufukuyama.wixsite.com/kouenkai

問い合わせ:場面緘黙講演会福山実行委員会
Mail: kanmokufukuyama★yahoo.co.jp (★を@に置き換えてください)
Tel:050−5278−5446

学校における場面緘黙_書影_オビ.jpg
学校における場面緘黙への対応
合理的配慮から支援計画作成まで
高木潤野著
A5判/並製 2000円+税

posted by 学苑社 at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月20日

【新刊案内】誰でも使える教材ボックスー教材共有ネットワークを活かした発達支援

新刊のご案内です。
教材BOX_書影_RGB.jpg
誰でも使える教材ボックス
教材共有ネットワークを活かした発達支援

奈良県立奈良養護学校編
高橋浩・藤川良純・西端律子・太田和志・鴨谷真知子著

B5判/2200円+税
ISBN:978-4-7614-0792-6

●帯
「感覚と運動の高次化理論」をベースにした教材集
発達に基づいた教材を使用することが、子どもの確かな学びにつながります。本書では、教材をデータベース化した連動サイト「教材共有ネットワーク」の活用方法も含め、「作りやすくて使いやすい」教材を紹介します。

●著者紹介
奈良県立奈良養護学校
昭和54年、奈良県で2校目の肢体不自由養護学校として設立され、現在は病院への訪問教育を行う病弱部門と通学の肢体不自由部門がある。スクールバスが3台で在校生が100名程の規模であり、奈良県北部が校区となっている。奈良市南部に位置し、薬師寺や唐招提寺が近くにあり、周囲はのどかな田園地帯となっている。
http://www4.kcn.ne.jp/~narayogo/

高橋浩(たかはしひろし)
 奈良県立奈良養護学校
藤川良純(ふじかわよしずみ)
 奈良県立奈良養護学校
西端律子(にしばたりつこ)
 畿央大学教育学部教授、Microsoft MVP for Windows and Devices for IT(2016-)
太田和志(おおたかずし)
 元東大阪大学短期大学部准教授、東大阪大学情報教育センターセンター長
鴨谷真知子(かもたにまちこ)
 元東大阪大学短期大学部助教、東大阪大学情報教育センター所属
 現在、神戸芸術工科大学非常勤講師、畿央大学現代教育研究所客員研究員、クリエイター(Cross Media +Design)

本書と一緒に、教材共有ネットワークのサイトもご活用ください。

・教材共有ネットワーク
http://www.narayogo.jpn.org/
・教材共有ネットワークFBページ
https://www.facebook.com/tmsn.org/

関西発達臨床研究会(高橋浩先生が事務局長)
「感覚と運動の高次化理論」「教材」に関する研修会情報も満載です。
http://takanami.capoo.jp/kansai/usagawa.htm

詳細につきましては、学苑社のサイトまで。
http://www.gakuensha.co.jp/cn61/pg530.html

posted by 学苑社 at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

【新刊絵本&出版記念講演案内】『そらをとびたかったペンギンーだれもが安心して存在できる社会へ』

新刊絵本&出版記念講演のご案内です。

ぺんぎん_書影_帯.jpgそらをとびたかったペンギン
だれもが安心して存在できる社会へ

申ももこ作
shizu協力
はやしみこ絵
佐藤恵子解説
B5判/上製 1600円+税

とべないペンギン、モモが主人公の絵本。解説も収録。多様性を尊重し受容することを考える。

星山麻木先生(明星大学教育学部教授)推薦!
とべないペンギン、モモちゃん。自分だけ違うこと、できないこと。それは弱みでなく、本当は強みだったのです。多様性を尊重し受容すること。私たちそれぞれの幸せへとつながっていくための大切な1冊。

詳細につきましては、学苑社のサイトまで。
http://www.gakuensha.co.jp/cn61/pg529.html

『そらをとびたかったペンギン』の出版を記念しました講演会も開催致します。
7月15日開催と期日が迫っておりますが、興味のある方はぜひご参加ください。
詳細や申し込みにつきましては以下ののサイトよりお願い致します。
http://ameblo.jp/kirakirahikaruhoshi117/entry-12283582256.html

ペンギン講演会ちらし.jpg

子ども達が輝き出す発達支援のコツ『それをとびたかったペンギン』出版記念講演
日時:7月15日(土曜)
   14時〜16時05分(開場13時30分)
場所:板橋区立グリーンホール 2階ホール
会費:1名につき2000円
(事前振込7月12日まで、割引特典などがありますので、
http://ameblo.jp/kirakirahikaruhoshi117/entry-12283582256.html
でご確認ください)
主催:「そらをとびたかったペンギン」を応援する会

【スケジュール】
●13時30分開場
開演前13時50分〜フラダンス
(お祝いとして絵本協力者のshizuさんの妹(フラダンスの先生)によるフラダンス)

●開演14時〜
申ももこ(絵本・作者)・shizu対談
【申ももこ式・子ども達が輝き出す発達支援のコツ】
@生活がぐっと楽になる申ももこさん手作り視覚支援グッズのご紹介
A身に着けさせたい課題があるときに注意する4つの視点
B我が家の障害告知について
C我が家の性教育について
その他
自閉症スペクトラム支援士としての発達支援のコツ。
自閉症スペクトラム当事者としての思い、息子さんが不登校だったときの思いなど
本音トーク対談で進めていきます。

●15時15分 申ももこさんへ質疑応答
●15時20分 休憩

●15時30分〜(15分)
佐藤恵子(絵本・解説)
【イライラ・怒りとうまく付き合うコツ〜 アンガーマネジメントについて〜】

●15時45分〜(20分)
shizu(絵本・協力)
【shizu式:子ども達が輝き出す発達支援のコツ】
@子どもの自己肯定感をアップさせ、成長を促進させるABA(応用行動分析)的アプローチのコツ
A心がホッとあたたかくなる、子どもに対する親の心の持ち方。
 親子で自己肯定感をアップするコツ。
B折れにくい心の育てかた

●16時05分終演予定


posted by 学苑社 at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする