2016年09月27日

【新刊案内】『プログラム学習で学ぶ行動分析学ワークブック』(吉野智富美・吉野俊彦著)

新刊のご案内です。

行動分析学ワークブック/カバー書影b.jpg

プログラム学習で学ぶ
行動分析学ワークブック

吉野智富美・吉野俊彦著
B5判/並製 2500円+税
ISBN:978-4-7614-0783-4

初学者必携! これでわかる行動分析学
多くの身近な事例によって行動分析学の基本を学習し、エクササイズとプログラム学習を活用することで効率よく無理なく知識を身につけることができる。わかりやすさ、読みやすさにこだわった初学者に最適なテキスト。
◆スモールステップで知識を定着させ、学習を促す◆
解説を読む

問題や課題を読んで解答する

すぐに解答をチェックする

●主な目次
1 人の行動のなぜ?
人の行動の「日常的」な理解の仕方
人の行動の「科学的」な理解の仕方―行動分析学

2 レスポンデント行動
馴化と脱馴化、鋭敏化
熱いものに手が触れたら?―無条件刺激と無条件反応
パヴロフ型条件づけ(レスポンデント条件づけ、古典的条件づけ)
刺激般化と般化勾配、分化
特殊な条件づけ( 味覚嫌悪学習) と準備性

3 オペラント行動
オペラントの定義
「そうするのはなぜ?」「その行動が続いているのはなぜ?」―強化の原理
「それをしないのはなぜ?」「その行動が続かないのはなぜ?」―弱化の原理
私たちの行動を左右するもの―好子( 正の強化子)・嫌子( 負の強化子)
オペラント条件づけの4つの基本パターン
反応強化子随伴性と随伴性ダイアグラム
もはやその行動には意味がない!?―消去の原理
どちらも行動が弱まるけれど?―弱化と消去の違い
時や場所をわきまえて行動するのはなぜ?―刺激性制御
「あらかじめ○○しておこう」「予防策を張っておこう」―阻止の随伴性
行動の強化や消去に影響を与える条件―強化スケジュール
言語行動
ルール支配行動と随伴性形成行動

4 生活への応用―応用行動分析学
私たちの生活をよりよくするために
困った状況ってどんな状況?―しなくて困る、し過ぎて困る
行動の未学習・未定着の場合どうするの?―行動形成
行動の誤学習の場合どうするの?―困った行動を減らす
行動分析学の日常行動への適用

●著者紹介
吉野智富美(よしの ちふみ)
ABAサービス&コンサルティング(ABASaC) 主宰
なんば太田クリニック心理士
淑徳大学大学院社会学研究科社会福祉学専攻臨床心理学コース修了。臨床心理士。弓崎いこいクリニック臨床心理士、神戸親和女子大学非常勤講師、武庫川女子大学非常勤講師などを経て、2011年よりABAサービス&コンサルティングを主宰する。
障害の有無にかかわらず、生活に困難のある子どもや成人へ、応用行動分析学にもとづく問題解決の支援をおこなっている。個人へのサポートのみならず、ペアレントトレーニングやスクールコンサルテーションを実施し、周囲の環境を含めた問題解決の支援も同時におこなっている。

吉野俊彦(よしのとしひこ)
神戸親和女子大学教授
研究テーマ:実験的行動分析 (選択行動、価値割引事態を用いた強化と弱化との (非) 対称性)、行動分析学に基づいた精神科領域における介入・臨床行動分析
早稲田大学大学院文学研究科心理学専修修士課程修了・博士後期課程単位取得満期退学。ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン( UCL) 大学院博士課程修了・博士( ロンドン大学)。臨床心理士。ウェストバージニア大学 (ケノン・A・ラッタル)、サセックス大学 (グラハム・デイヴィ)客員研究員。日本行動分析学会理事。


posted by 学苑社 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月26日

【新刊案内】『いじめられっ子の流儀:知恵を使ったいじめっ子への対処法』(ケイト・コーエン・ポージー著 奥田健次監訳 冬崎友理訳)

新刊のご案内です。

いじめられっ子_カバー_書影用b.jpg

いじめられっ子の流儀
知恵を使ったいじめっ子への対処法

ケイト・コーエン・ポージー著
奥田健次監訳
冬崎友理訳
四六判/並製 1600円+税
ISBN:978-4-7614-0784-1

いじめに屈しないために、知恵と機転でいじめっ子をひねり返す技を伝授。「ほめ言葉」「賛同」「質問」などのテクニックを駆使し、意地悪の連鎖を断ち切る書。
意地悪な攻撃やからかいに悩まされる人、そのよう人たちを支える親や指導者、そして、人付き合いに悩むすべての人たちに勇気を与えること間違いなし!

●主な目次
監訳者 まえがき
はじめに
なぜ、いじめやからかいが起きるのか?
 いじめっ子と力
 からかう子と関心
 意地悪全般について
いじめっ子やからかう子への三つの対処法
 1 侮辱の言葉をほめ言葉に転じる
 2 質問をする
 3 相手に賛同する
金塊さがしと偏見
 他の人を助ける
いじめっ子への対処法(さらなる二つの方法)
 1 自分の気持ちを表現する
 2 他人の気持ちをフィードバックし、名付ける
侮辱やからかいに対して、すべきこと、すべきでないこと
 上級テクニック
決断を下し、誓約を行なう
実践する
アイディアを実行に移す
反・意地悪の表
仲間やクラブ
最終的な見通し
反・意地悪の用語集
保護者への情報
 なぜ子どもは闘うか
 両親の役割
あとがきと謝辞
監訳者 あとがき

詳細につきましては学苑社のサイトまで。
http://www.gakuensha.co.jp/cn39/pg521.html

監訳いただきました奥田健次先生のブログにも本書の解説が掲載されています。
奥田健次オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp/official/kenjiokuda/2016/08/24/no-title-2/


タグ:いじめ
posted by 学苑社 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 新刊情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月23日

【新刊案内】吃音検査法 第2版(解説・検査図版)

新刊のご案内です。

吃音検査法 第2版
小澤恵美・原由紀・鈴木夏枝・森山晴之・大橋由紀江・
餅田亜希子・坂田善政・酒井奈緒美著

吃音検査法を改定し、検査図版と解説を別売りとしました。
第2版での主な修正点は以下のとおりです。
1.「 吃音症状および非流暢性の分類」の再構成。
2. 重症度プロフィールの再構成。
3. 記録まとめと記録用紙の一部修正と記載例の付加。
4. 初版と同じスピーチサンプルのCD-ROMに加え、第2版の「吃音症状および非流暢性の分類」に準じた症状サンプルのDVDを作成、付録とした。

幼児版・学童版・中学生以上版の3種の検査図版は、区切りのところに白紙を挿入しましたが、イラストの変更はありません。

初版同様、記録用紙は学苑社のサイトからダウンロードできます。ただし、ID、パスワードが必要です。

9784761407827.jpg



吃音検査法_2版_DVD盤面B.gif吃音検査法_2版_CD盤面B.gif


解説:5000円+税
ISBN:978-4-7614-0782-7



9784761407810.jpg


吃音検査法_検査図版 H1_幼児B_2版_書影.jpg吃音検査法_検査図版 H1_学童B_2版_書影.jpg吃音検査法_検査図版 H1_中学以上B_2版_書影.jpg


検査図版:14000円+税
ISBN:978-4-7614-0781-0

詳細につきましては学苑社のサイトまで。
http://www.gakuensha.co.jp/


タグ:吃音
posted by 学苑社 at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 新刊情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月13日

【公開講座】ペアレント・メンターの役割と活動について(2016年10月8日[土] 東京都杉並区)

ペアレント・メンターに関する公開講座のお知らせです。
お申し込みの詳細につきましては、日本ペアレント・メンター研究会の公式ウェブサイトをご覧ください。
http://parentmentor.jp/

認定NPO法人日本ポーテージ協会 連続公開講座2016
早期からの発達相談における親の参加と役割
ー親のエンパワメントと家族支援とはー
第2回 ペアレント・メンターの役割と活動について

日本ポーテージ協会では、最新のトピックや喫緊の課題について、公開講座を企画しています。早期からの発達相談をより円滑にすすめ家族支援を行うには、親や養育者の参加をどのように求めればいいでしょうか。
平成28年度第2回目となる今回は、特定非営利活動法人日本ペアレント・メンター研究会と共同主催で、「ペアレント・メンターの役割と活動について」というテーマで開催いたします。尚、この講座はペアレント・メンター養成講座につながる事前研修になっています。是非多くの方のご参加お待ちしております。


日時:平成28年10月8日(土) 14:00〜17:00
会場:杉並区産業商工会館 展示室 (会場が変更になりました)
   http://www.city.suginami.tokyo.jp/shisetsu/sangyo/shoko/1007450.html
   東京メトロ丸の内線「南阿佐ヶ谷駅」徒歩3分
   JR中央線「阿佐ヶ谷駅」南口 徒歩5分
定員:80名
参加費:2,000円(資料代含む)当日会場でお支払いください。
    *必ず事前にお申込みください。資料の関係上当日参加はお受けできかねます。
主催:認定NPO法人 日本ポーテージ協会
共同主催:特定非営利活動法人 日本ペアレント・メンター研究会
講師:鳴門教育大学大学院学校教育研究科准教授
   小倉正義先生
締め切り:平成28年9月30日(金)
お問い合わせ・申込み先:認定NPO法人 日本ポーテージ協会
   電話:03-3313-4822 FAX:03-3313-2575
   Email:jpa★a-net.email.ne.jp(★を@に置き換えてください)

*******************
mentor2_obi_web.jpgペアレント・メンター活動ハンドブック
親と地域でつながる支援


井上雅彦・吉川徹・加藤香編著
日本ペアレント・メンター研究会著
B5判/1600円+税



parent_w_obi.jpgペアレント・メンター入門講座
発達障害の子どもをもつ親が行なう親支援


井上雅彦・吉川徹・日詰正文・加藤香編著
B5判/1900円+税


posted by 学苑社 at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする