2016年08月18日

【新刊】14歳からの発達障害サバイバルブック:発達障害者&支援者として伝えたいこと(難波寿和著 高橋稚加江イラスト)

新刊のご案内です。
お盆休みの影響で配本が遅れてしまっている地域もございます。何卒ご了承ください。

14歳からの発達障害_カバー_書影_帯.jpg

14歳からの発達障害サバイバルブック
発達障害者&支援者として伝えたいこと

難波寿和著
高橋稚加江イラスト
A5判/並製 1800円+税
ISBN:978-4-7614-0780-3

井上雅彦先生(鳥取大学教授)推薦!
著者は、自身が発達障害のある当事者である。本書は、彼の体験と知識から「生きやすくなるための工夫とは何か?」を自らに問い続けた結果の一つである。唯一無二の支援者としての新たな門出に大きなエールを送りたい。

●著者紹介
難波 寿和(なんば ひさかず)
岡山県出身1982 年生まれ。兵庫教育大学学校教育研究科障害児教育専攻、修了。臨床発達心理士。これまで発達障害をもつ児童から成人期までの療育やカウンセリングを行なっている。児童発達支援事業所、児童養護施設、情緒障害児短期治療施設、発達障害者支援センターでの仕事に従事していた経験あり。平成24 年に自閉症スペクトラム障害、社交不安障害と診断。その後、注意欠如多動性障害、うつ病の診断を受ける。現在、応用行動分析学(ABA: applied behavior analysis)を専門として、個別および集団療育、家族支援などを発達障害児者支援サービススモステABA(フリーランス)で行なっている。山陰発達障害当事者会スモステの会代表。日本特殊教育学会、日本認知・行動療法学会に所属。

●主な目次
自分の取り扱い説明書
当事者&心理士一問一答
 1 学校・就労編
 2 日常生活編
 3 パニックの対処法編
 4 感覚過敏編
 5 友だち関係・恋愛・結婚・子育て編
 6 病院編
 7 障害理解・受容編

詳細につきましては学苑社のサイトまで。
http://www.gakuensha.co.jp/cn61/pg518.html


posted by 学苑社 at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 新刊情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする